【外出自粛を乗り切る】誰でもできる、超簡単なラーメンレシピ

スポンサーリンク

 

ニュージーランドでも、ふとラーメンが食べたくなる時があります。オークランドやクライストチャーチなどの都会には本格的なラーメン屋さんもありますが、どうせなら自分で作ってみようということで一からラーメン作りに挑戦してみました。

 

「ラーメンなんて作れるの?」と私も最初は思っていました。でも一度作ってみると想像していたより簡単で、とても美味しかったうえに、達成感が半端ないのです!

 

 

作業は単純ですが時間はめちゃくちゃかかるので覚悟していてください。ラーメンスープの他にチャーシュー、煮卵も作る場合は寝かす時間も含めて2日はかかります。

 

筆者自身、料理は好きですがややこしいことや細かいことが苦手で、出来るだけ頭を使わずにパパっと料理したい人なので、出来るだけシンプルにまとめます!本格的な味ではないかもしれないけど十分美味しくて誰でも出来るレシピなので、せっかく時間のある自宅隔離中に試してみてください^^

 

【外出自粛を乗り切る】誰でもできる、超簡単なラーメンレシピ

材料(二人分)

 

ラーメンスープ

  • 鶏がら:一羽分(NZのスーパーでは鶏がらを見つけられなかったので、私は安い骨付きチキンを買いました)
  • しょうが:親指くらい
  • にんにく:3-4片
  • ネギの青い部分:1本分
  • 人参、玉ねぎ等の野菜くず(私は人参の端切れ、玉ねぎ丸ごと、後はブロッコリー、キャベツの芯を適当にぶち込みました←)※大根は入れないでください
  • かつお節:5g
  • 昆布:5g
  • 酒:100ml
  • 水:適量

 

醤油だれ

  • 醤油:150ml
  • 酒:大さじ2
  • 酢:小さじ1/2

 

レシピ

①和風だしを水出しする

保存容器に水1ℓ、昆布とかつお節を入れ一晩置く。

 

②醤油だれを作る(チャーシューを漬けた後ラーメンスープにも使うもの)

鍋に醤油だれの材料を全て入れ、弱火でひと煮立ちさせる。

沸いたらすぐ火を止め、そのまま冷ます。

 

③鶏がらを使う場合は下処理をし(めんどくさい場合は私のように骨付きチキンがおすすめ)、下茹でする

茹で過ぎるとうま味が逃げるので30秒ほどでOK。

 

④ラーメンスープを煮込む

家にある一番大きな鍋に下茹でした鶏、ネギ、野菜、しょうが、にんにく、酒、たっぷりの水を加え、沸騰したら弱火で時々様子を見ながら7時間ほど放置。

蒸発した分和風だしを加え、最終的に必要なスープの量になるまで煮込む。

※もし和風だしが足りなくなった場合は水を足してください

 

⑤ラーメンスープと並行してチャーシューの準備

豚バラブロックを1分ほど下茹でして油を落としたのち、煮込み中のラーメンスープに入れ、一時間半ほど煮込む。

ジップロックや保存容器に醤油だれとともに一晩以上漬ける。

※この時に半熟ゆで卵も一緒に漬けておくと煮卵も完成

 

⑥ラーメンスープ、醤油だれを合わせる

いよいよ山場です。準備ができたらどんぶりにラーメンスープを適量入れ、醤油だれを少しずつ加える。

こまめに味見をしながら好みの割合にする。

※ここがあいまいなポイントですが、自分が美味しいと思う量で良いと思います。私はスープどんぶり分に対し、醤油だれ大さじ2くらいだったかな?

 

⑦茹でた麺と具材を合わせて完成!

 

ラーメン作りは楽しい!

 

いかがでしたか?時間はかかるし一見難しそうですが、ほぼ放置なので技術が必要な所はありません。必要なのは自分の味覚ぐらいです(笑)

自分で一から作ったラーメンスープは、自然で優しい味がします。何より愛着がすごいので普段より美味しくいただけること間違いなし。

 

余ったスープはスープパスタやリゾット等にも使える万能スープなので最後まで味わってくださいね🎵(鍋に余っていたスープを同居人に善意で捨てられ絶望した筆者より←)

 

【ワーホリ一年生】ゆるく働きながら好きな場所で質素に暮らすという選択
 こんな生活が出来たら良いと思いませんか?もちろん、都会で新しいモノに囲まれながら派手な暮らしがしたいという気持ちもわかります。しかし「ゆるく働きながら好きな場所で質素に暮らす」というような生活を望んでいる人って、実は今の日本には結構な割...

 

コメント