【ニュージーランド6泊8日一人旅】一番の目的、世界一の星空を観にテカポへ

スポンサーリンク

 

一カ月ほど前にウォーキングデッドにどハマりして、寝る間も惜しんで見続けていたのでまたまた更新が空いてしまいました(照)物事を継続できない悪い癖です。いやでも、本当に面白い。ウォーキングデッド用のブログ作ろうかなと思うほど!

シーズン7に入りようやく面白さが落ち着いてきたので、他のことをする時間が持てるようになりました。←

 

前回の記事

【ニュージーランド6泊8日一人旅】クライストチャーチの楽しみ方・穴場
  クライストチャーチに到着した翌朝は、ハグレイ公園とボタニカルガーデン、その隣に位置するカンタベリーミュージアムを中心にゆっくりと過ごしました。 植物園は入場料無料で、広大な敷地に様々な植物や日本ではなかなか見られない...

 

ニュージーランド3日目の朝はInter Cityのバスに乗り、テカポ湖へ向かいます。大手バス会社のInter CityAtomic Travelに大きな違いはなく、値段もそこまで変わらなかったので、時刻表を見て到着時間など都合の良いほうで決めました。クライストチャーチ→テカポへの高速バスは$38.99(事前予約必要)でした。

 

カンタベリ―ミュージアム前8:30出発のバスでちょうどお昼頃に到着し、事前にHPから予約していた湖畔レストランへ。テカポと言えばここ、みたいな感じで他にレストランも多くないので賑わっていました。日本人のスタッフもいるので安心します。有名なサーモン丼は$22で少々高めですが普通に美味しかったです~。

f:id:mikutksk:20190211181102j:plain

昼食後、善き羊飼いの教会(よく考えてみてもすごい和名ですね…)を見学したり周辺を散歩しテカポの町の美しさにしばし感動していました。本当に小さな町なので徒歩で回れます!

f:id:mikutksk:20190211181831j:plain

この日の宿はAirbnbで$136/泊という、今まで$2-30の部屋ばかりに泊まっていた私からするとリッチなお部屋。というのも、テカポは人気観光地にもかかわらずまだ発展途中で(人が少ない、手つかずの自然の中で滞在できるのが良いところである)宿も少ないので、必然的に相場も高くなります。クライストチャーチやオークランドではいくらでも宿がありますが、テカポへ宿泊を考えている場合は出来るだけ先に宿を押さえたほうが良いかもしれません

 

ホストの中国人夫婦は素敵な方々で、宿からバス停まで送ってくれました。(ただ他の宿泊者の中国人が共同Wi-Fiで重い動画を見まくり夜にWi-Fi止まって一切インターネット使えんくなってほんとに迷惑!怒!)

f:id:mikutksk:20190211181017j:plain

お部屋からもターコイズブルーのテカポ湖が一望できます!

そしてこの日のメインは何と言っても「世界一の星空観賞」!!!アース&スカイブッキングという会社のツアーを予約していて、$150でマウントジョン天文台への送迎と星空観察のガイドをしてくれます。このニュージーランド旅で一番楽しみにしていたパートでもあります!

が、、、、、、

なんと、、、っ、、、、、

夜大曇天。

ずーっと前からこの日の天気だけを気にして生きてずっと天気予報とにらめっこして、お昼は雲もあるけど晴れ間も見えたりしていたのに、晴れ間の多い夏のニュージーランドでも一番の晴天率を誇るテカポで、夜大曇天

こればっかりは仕方がないけど、1ミリも星の見えない真っ黒の空を見上げてちょっと泣いたww

 

次の日の予定も全部詰め詰めで決めていたのでもう一泊することは出来ず、いつか必ずリベンジすると心に決めたのでした。

f:id:mikutksk:20190211181300j:plain

※イメージ画像

星空は見られなかったものの、テカポののどかな風景、澄んだ湖、ブルーノ・マーズの「Just the way you are」を聞きながら散歩してるだけで最高の気分になれるような空気感は、他の町にはない魅力でした。大好きな場所です。

 

 

コメント