【超高金利】ニュージーランドの銀行(ANZ)で定期預金をしてみた!

スポンサーリンク

 

ニュージーランドでしてみたかったことの一つ、現地金融機関での定期預金を先日してきました!

私が今回預けたのはANZにて15,000NZD、期間は240日(約8カ月)、金利3.20%/年です。

まず結論から言うとめっっちゃ簡単です!

 

日本の、しかも割と保守的な金融機関で働いていた私は、あまりの手続きのシンプルさに拍子抜けしました。この記事ではニュージーランドの定期預金金利と仕組み、手続き方法について紹介します。

 

 

【超高金利】ニュージーランドの定期預金金利

 

ニュージーランドの定期預金は一般的にterm depositと言います。ワーホリで来ている人が貯金するのに良く使うのは、ANZだとonline accountserious save accountとかかなと思いますが、ニュージーランドの定期預金は金利が良くてバラエティも豊富なのでおすすめです!

 

2019年8月現在の金利は公式ホームページの画像を参考にしてください。

ANZ   https://www.anz.co.nz/personal/

f:id:mikutksk:20190808145034j:image

 

bnz   https://www.bnz.co.nz

f:id:mikutksk:20190808145037j:image

 

 

kiwi bank   https://www.kiwibank.co.nz

f:id:mikutksk:20190808172549j:image

1年で金利3とか、日本では定期預金でも0.01%がデフォルトなのでありえないですよね。どれも大差はないですがbnz、kiwi bankと比べるとANZが若干高い感じがします。(これでも私が半年くらい前に見たときより0.2%ほど下がっていました涙)

 

ANZとkiwi bankは最低10,000NZDからですがbnzは2,000NZDから出来るみたいなので、わざわざ日本から持って来なくてもこっちで働いたお金でいけそうです。

 

しかも見たらわかるように期間が自由に選べます。30日の短い期間から預けられるのも良いですね。

 

 

ニュージーランドで定期預金をする際の注意点

 

当たり前ですが見方の注意点として、表示されているレートは全て1年間預けた場合のレートなので、例えばANZで10,000NZDを90日間2.50%で預けた場合は単純に10,000に2.5%をかけるのではなくて90日÷365日=0.24657…(仮に0.24とします)なので

 

10,000×2.5%×0.24=60NZDが利息部分になります。

 

そして利息にはニュージーランドでも税金が課せられます。1年間の所得が14,000NZD以下の場合は10.5%14,001-48,000NZDの場合は17.5%が利息からあらかじめ引かれます。

 

銀行にはあらかじめIRDナンバーを届けているので、税率の調整がある場合は向こうから文書が届くみたいです。※IRDナンバーは必ず届けましょう!

 

 

ニュージーランドterm deposit(定期預金)の仕組み

 

term depositに預けたお金は満期までよっぽどのことがない限り出せません。

 

日本だと預けてからやっぱりすぐ出す、とかでも利息が変わってくるだけで(本当は良くないけど)全然できますが、ニュージーランドではある程度の覚悟が必要です。

そうは言っても何が起こるかは誰にもわからないので、万が一の場合は引き出すことができます

 

ANZの場合31日前までに知らせるか、理由によってはANZ側の承諾により可能ですがいずれにせよすぐに直接行くか電話したほうが良さそうです。その場合金利は適用金利から3%引かれる(0%を下回ることはない)となっています。

 

私の場合は期間240日ですが、利息は3カ月ごとに支払われると言われました。何でもよかったので詳しくは聞かなかったのですが←、日本みたいに満期の日にまとめて利息が付くのではなく、利息の支払い時期も選べるようです!

 

 

ニュージーランドで実際に定期預金の申し込みをした流れ

 

ワーホリ入国後の最初の関門、口座開設の時に「ニュージーランドの銀行では事前にアポを取らないといけない」って誰しも習いましたよね(笑)定期も同様なのでまずは予約します。ちなみに私はちゃんと説明を聞きたかったので窓口に行きましたが、オンラインでも出来ます!

 

当日ローカウンターへ通され、term depositの仕組みの簡単な説明を受け、預けたい金額、期間を伝えます。相手がPCで入力して終了。

 

えっ終わり!?!?

紙1枚、サイン一つ書いてないし本人確認すらしてないけど大丈夫!?!?

 

ニュージーランドではこれで大丈夫みたいですw何もなければ5分もかからない内容です。私が今まで日本の銀行でせっせとしていた膨大な作業は何だったのだろうか…(笑)

 

とにかく、その場では何も渡されることはなく、後日登録住所に文書が届くみたいです。ニュージーランドの銀行では通帳や証書はありませんが、オンラインバンクを開くとちゃんと預金が反映されていました!

 

f:id:mikutksk:20190808150342j:image

 

実は定期預金のために、日本からまとまったお金を現地の銀行に移す作業がまあまあ大変だったのですが、それについては別記事に書いています。

 

 

ワーホリでも何でも、賢くお金を貯めちゃいましょう!

めめ(@nemuiusag_

 

コメント