【2020版】ニュージーランドのパートナーシップビザ申請方法まとめ

スポンサーリンク

 

交際期間半年以下、共有資産無しという状況の中、この度筆者は喉から手が出るほど欲しかった、ニュージーランドのパートナーシップワークビザ1年を取得することができました!

 

大変そうにに見えて本当に大変な(←)ニュージーランドのビザ申請について、筆者が実際に行ったことを一からまとめますので、これから申請する方の役に立てればと思います。ちなみに筆者は移民アドバイザーを通さずに自力で申請しました。

 

本題に入る目に、何度も言われていることですがニュージーランドのビザ要件や費用は刻々と変わっていっています。この記事の内容は2020年9月の情報ですので、ご自身が申請する際は必ず最新情報を公式サイトでチェックして、助言は移民局のスタッフか専門のビザアドバイザーからもらうようにしてくださいね。

 

 

ニュージーランド移民局に実際に提出した書類一覧

筆者が実際に約一カ月かけて準備し、提出した書類がこちらです。

申請用の写真以外は全てPDF指定だったのでPDFに変換しています。

 

 

指定の条件を満たした自分の写真

iPhone8plusで撮影しました。

※明るさや背景などの条件がかなり細かく指定されているので、注意してください!詳しくはこちら↓

Acceptable visa photos

 

Cover letter:カバーレター(本人、パートナーそれぞれ)

簡単な自己紹介と彼に対する想い、仕事を持って経済的にも自立していることについて書きました。また私の場合はサンデーマーケットでお店も持っているので、「美食と新しい体験を提供することで地元に貢献している」というふうにも書きました。盛り大事です。

 

Work Visa Application:本人申請フォーム

申請フォームがあるのでオンライン申請の場合はそのまま入力します。

 

Form for Partners Supporting Partnership-Based Temporary Entry Applications (INZ 1146) :パートナー申請フォーム

指定の様式をニュージーランド移民局公式サイトからダウンロード印刷して、紙に書いてもらったものをスキャンしました。

 

New Zealand citizenship or residence of supporting person:パートナーがニュージーランド人であることの証明

パートナーのパスポートを提出しました。

 

Partnership timeline:交際期間のタイムライン

パワーポイントを使って、写真とともに出会ってからの軌跡をまとめました。

 

 

Living together evidence:同居していることの証明

同じ住所に届いた陸運局からの手紙を二人分並べてスキャンしました。連名のあて名だったら尚良いと思いますが、なかったのでおまけ程度に母から連名のあて名で手紙を書いてもらって、それも載せました。

 

Genuine and stable partnership evidence:正真正銘のカップルであることの証明

 

Reference letter:近しい人からの推薦状

彼のいとこ兼フラットメイト、彼の両親、彼の友達、私のバイト先のオーナーにそれぞれお願いして書いてもらいました。

 

内容は、①私たちカップルとの関係性②私の印象③二人が本当に付き合っていることの証言(実際のエピソードなどを交えて)④連絡先などです。

 

 

Joint bank account:共同名義の銀行口座

二人の名前と数か月分の履歴がわかる画面をダウンロードしました。

 

Social media conversations:SNSの会話履歴

メッセンジャーの会話の中で、ラブラブっぽいところを抜粋してスクリーンショットにしてまとめました。

 

 

Evidence of funds:十分な資金があることの証明(銀行の履歴等)

本人の銀行口座の履歴と、残高がわかる画面をダウンロードしました。

※銀行はANZとASBでしたが、どちらもバンクステイトメントのダウンロードがスマホから簡単に出来ました!

 

Police certificate  :警察証明(無犯罪証明)

開封無効と書いてある封筒で届いたものを開封して中身をスキャンしました。

※開封無効なのは日本のルールであって、ニュージーランドの移民局には関係ないそうです。

 

National identity document:ID(本人の免許証)

 

Passport or Travel document:パスポート

写真がわかるページをスキャンしました。

 

Other financial information:経済的自立を証明する追加の書類

彼の銀行口座の履歴(仮に私が収入を失ったとしても私を養っていける十分な預金と収入があることの証明)をダウンロードしました。

 

 

ニュージーランドパートナーシップビザ申請前に前もって必要な準備

 

パートナーシップビザに限らずですが、ビザを申請しようと決めたときにまずやっておいた方が良いことは、絶対に「警察証明の取得」です。筆者は丸二カ月もかかりました。

警察証明はニュージーランドに二年以上滞在する場合に必要となります。申請料は無料です。

 

次に健康診断です。筆者の場合はワーホリでニュージーランドへ入国していたので、その際に提出していたX線検査は36カ月以内有効なので必要ありませんが、一般検査が必要でした。実はこれ、なぜかギリギリまで私は健康診断は一切受ける必要がないと思っていて、ある日必要だと気づいた時はかなり焦りましたが、クライストチャーチのイミグレーションヘルスは数日で予約することができ助かりました…。

 

E-medical なので診断結果をこちらが移民局に伝える必要はなく、病院側が送ってくれます。こちらは、渡される番号をビザ申請フォームに入力するだけでOKです。

 

一般的に一年ワーホリ入国→パートナーの流れで申請する人は「警察証明」と「健康診断の一般検査」が必要だと考えておきましょう!

 

あとはジョイントアカウント(共同名義の銀行口座)開設は出来るだけ早くしておいた方が、その分信用も増すので良いと思います。

 

 

オンライン?郵送?ニュージーランドビザ申請方法はどっち?

 

ビザ申請ではオンラインでする方法と、書類を直接郵送で送る方法があります。

 

結論から言うと筆者は「オンライン」で申請しました。書類でした人のブログも読んだし、パソコンに疎い私を考慮して紙媒体も考えましたが、終わってみればオンラインでして良かったなと思います。

 

オンラインの良さは、

  • データファイル、申請フォームともに保存・修正・追加がいつでも簡単にできること
  • 移民局とのやり取りがスムーズで早いこと
  • 申請したデータをいつでも確認できること

などが挙げられます。

 

 

パートナーシップビザ申請から取得までかかった日数と総費用

ずばりパートナーシップワークビザ申請から取得までにかかった日数は3週間と2日です!ただ最初に申請した際は警察証明が届いていなく、それ待ちの状態が長かったので、警察証明が届いて追加書類として提出してからは、実質3で移民局からメールが来ました!!!(全く同じ日に同じビザを申請した方はなんと一週間で結果が来ていました)

 

正直こんなに早いと思っていなかったので嬉し驚きです…!

 

費用については、指定病院での一般検査340NZDパートナーシップワークビザ申請料635NZDの、合計975NZDでした!!痛い出費ですが、好きな人と一緒にいるためなら喜んで出しますはい。

 

 

ニュージーランドビザ申請で使えるアプリ

 

最後に、パートナーシップワークビザ申請で実際に使って便利だったアプリを紹介します。

オンライン申請の際の証明写真と、書類をスキャンしてアップロードするのに便利でした!

 

パスポート写真 - Passport Photo

パスポート写真 – Passport Photo
開発元:Vitalij Schaefer
無料
posted withアプリーチ

 

 

CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ

CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ
開発元:INTSIG Information Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

 

私たちの場合は交際期間も少なく、共同名義の契約や共同資産もなかったので不安でしたが、そこをカバーするため、とにかく経済的にも精神的にも安定したカップルであること、カップルとして同居していること、3年前から友達だったことを推していきました!

 

ビザの問題は本当に深刻で、ストレスや喧嘩の原因になりますが、ひとまずは彼と乗り越えられて良かったと思っています。みなさんのビザも上手くいくことを心から祈っています!!

 

 

コメント